BaaSについて調べてみるなど

BaaSってなーに?

Backend As A Service の略。
iOSアプリケーションのバックエンド処理(ユーザ認証、Push通知、SNS連携、データストアなどなど)の自前で実装していたサーバ側の処理をWEB APIなどから簡単に利用できるようにされたもの。

主にモバイルアプリケーションで利用されるBaaSをMBaas(Mobile BaaS)などと言う。

いろいろあるBaaS

と、BaaSの存在自体は知っていたものの、どんなものがあるのか知らなかったのでメジャー(?)なものを調べてみた。

とりあえず、少し調べて出てきたものは下記。

いっぱいありすぎ!!!\(^o^)/

軽く比較してみる

思ったよりいっぱいあったので、気になったものを軽く比較(?)してみる

Parse

  • 30リクエスト/秒 まで無料
  • 対応プラットフォームが幅広い
    • iOS
    • OS X
    • Android
    • Windows Phone
    • Windows
    • Javascript
    • .Net
    • Unity
    • Xamarin
  • CloudCodeを使うことで独自のAPIエンドポイントをを追加可能(開発言語はjavascript)

番メジャーどころっぽい。 2013年4月にFacebookに買収されたらしい。

Pushやユーザ認証、ソーシャル連携、ファイルストアなどひと通りの機能が揃っているもよう。
ダッシュボードも充実しているらしい。(PHPやRubyからREST APIを叩いてデータを更新する事なんかも可能)

Helios.io

  • 無料
  • iOSのみ(?)

Herokuが出しているOSSアプリケーション。
別途自前でサーバを立てる必要があるが、Heroku使うなどで無料で環境が作れる。

Firebase

  • $49/月 から
  • iOS/OS X/Android/WEB(javascript) などメジャーなプラットフォームに対応

リアルタイム データストアに特化したBaaS。
チャットアプリなどを簡単に作成できるよーとの事らしい。

Angular/Emberなどのjavascriptフレームワークに向けたライブラリも提供される。

Kinvey

  • 個人なら無料プランあり/法人向けだと$1,500/月から
  • ビジネスロジック追加可能

提供される機能はParseと似てる感じ。ビジネスロジックも追加可能(プランにより制限アリ)。

うーむ。Parseに対する利点がパッと見では分からない。

Appiaries

  • 体験版として無料枠あり
  • iOS/Android/WEB(javascript) などメジャーなプラットフォームに対応

初めて日本語のページが出てきた!
機能としてはParseやKinveyと似ている感じ。チュートリアルにチャットアプリの作例があるので、Firebaseとも比較できるのかも。

雑感

BaaSはParseしか知らなかったので、どんなものがあるのか軽く調べるつもりが…
いっぱいありすぎて比較するのも面倒に。。。

結局いつもの雑なメモができあがった(´ω`)

とりあえず、Parseを触ってみようと思う。Firebaseも気になる子ちゃん。

参考

SHOTA

I'm WEB developer

Tokyo, Japan http://senta.me/