Octopressをカスタマイズしてみて

Octopress インストールメモのその後です。

結果から言うと…

とりあえず、当初の目的のうち、2.折角気に入ったテーマを見つけたので、テーマも流用まではほぼほぼ完了しました!

が、問題が発生し、結局WordPressで行くことに決定しました。

挫折した理由

『テーマの移植がキモかな』と、思っていたのですが、ここはあっさりいけました。

が!!
タグやカテゴリにスラングが設定できない事により、カテゴリのリンクが既存のものと変わってしまう事に気づき、ここで諦めました。

そして、実際にWPのデータをインポートしてみたところ、テキストファイルがばらばらと並んでいると非常にわかりずらい…
素晴らしきGUIの力を思い知らされた次第です。

折角なので、ブログデータのインポートと、テーマの移植についてメモ。

ブログデータのインポート方法

  • XMLでエクスポート

WPの管理画面の[ツール]>[エクスポート]から、XMLで吐き出す。

  • Markdownファイルを作成

wp-xml-octopress-import.rb←これを(必要であれば、若干変えて)実行する。
と言うのも、コードの表記方法は入れているプラグインにより異なるので、それぞれ環境にあわせて語による。

とりあえずこれだけ。

WordPressテーマの移植方法

  • スタイルシートを作成

WordPressテーマのstyle.cssを、そのままscreen.scssにコピペするだけ。

  • テンプレートをカスタマイズ

これについては、WordPressより書きやすいイメージ。
source/ディレクトリ以下の index.html や _includes/*html をそれぞれカスタマイズするだけです。

Octopress(というか、jekyll)では、Liquidと言うテンプレートエンジンを採用しており、これがまぁ書きやすい.
全くドキュメントを見ずに、なんとなくコピペを繰り返すだけでいけちゃいました。

また、rake preview の実行中は、テンプレートやSASSを更新する度 generate が走るため、結果をプレビューしながらガシガシ進められる。

やってみて感想

ふと思い立ってやってみて、意外とあっさりテーマの移植もできたので、なんだか楽しかった。

そして何よりの収穫が、無料で拾ってきたテーマを流用するにあたり、『ライセンスとか大丈夫?』と製作者の方本人にアポがとれたこと。

Google翻訳→Twitterと言う無茶苦茶な英語でも快諾してくれたあなたは本当にすてきですw
#諦めたけど。

SHOTA

I'm WEB developer

Tokyo, Japan http://senta.me/